本当のお茶の味を伝えたい
ちゃぼぼ園ロゴ

503-2502
岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合1003番地
TEL 0585-57-2865
携帯 090-8554-6000


・当ホームページは著作権により保護されております。
無断で部分引用をしたり、ブログやウェブサイト或いは印刷物に転用する事は出来ません。




760年にわたる歴史

ガラガラ土で昼夜の温度差が激しく、お茶栽培の理想的条件に恵まれた(旧)春日村。

そこには760年にわたるお茶の歴史があります。
自然の甘味と大変よい香り、味に深みがある在来種の茶木は地中深く深く根を伸ばし、
大地に呼応し、自然の恵みだけでゆっくり育ちます。

殆どの家が一番茶だけ摘むという特殊地域に加え、村まるごと農薬不使用で栽培しております。

生産効率が悪く量産できない在来種のお茶はいつしか日本の各地から姿を消し
今では全国で3%しか残っていない貴重なお茶となってしまいました。

「春日のお茶を混ぜん事には味が引き立たん!!」と、
各地の業者が買い付け、他のお茶にブレンドされ売られています。

皆さんに知られる事なく、ひっそりと生き続けてきた幻のお茶。

ちゃぼぼ園では農薬不使用、自然栽培、無添加の「春日茶」を皆さんに知って頂きたい、
地域に根ざしたお茶を伝えてゆきたい!そんな思いでお届けしております。

茶葉

 

 

 



世界のトップシェフが注目しました。春日のほうじ茶フランスへ!

滝本 真/Takimoto Makoto
Patisserie Sadaharu AOKI Parisにて
スー・シェフとして経験を積み、本場の
美味しさを岐阜に伝えたいという想い
と共に2009年「TAKIMOTO」をオープン。
ちゃぼぼ園のほうじ茶をアレンジした
トリュフショコラを創作して頂きました。

 

Sadaharu AOKI Paris
ホウジチャプラリネ

香ばしく奥深い味わいの岐阜県ちゃぼぼ園産のほうじ茶で仕立てた口溶けのよいガナッシュにイタリア産ヘーゼルナッツの香ばしさとサクサクした食感が楽しめる自家製のプラリネを重ねました。バレンタインデーに合わせパリから直輸入です。

 

 

 

 

 

各誌で絶賛される春日茶の魅力

dancyu











Page Top
inserted by FC2 system